北海道ツーリング 2019秋(12日目) 今日は快晴

 

f:id:sumichan62:20190921072511j:plain

泊ったのは、網走駅近くのビジネスホテル。雨の中を出歩くのは億劫なので、晩飯はコンビニもので済ます(勿論金麦付き)。今朝の朝飯はミニバイキング。カレーがあるのが嬉しく、4,700円/泊では御の字だ。「なつぞら」をしっかり見て、8時半過ぎ、ホテルを出発する。

f:id:sumichan62:20190921093931j:plain

 能取湖サロマ湖を右手に観て、国道238号線を北へ快調に走る。道の駅「サロマ湖」で休憩。後ろに湖がチラッと見えるけど、わかるかなあ? 今日は、湖面に漁船が浮かんでいたりしてインスタ映えするのだが、ビューポイントの駐車スペースがないんだよね。

f:id:sumichan62:20190921102525j:plain

芭露から道道244号線に入り、10時過ぎ、遠軽町の「ガンボウ岩」に到着。存在は以前から知ってはいたが、今夏「こころ旅」で見たら無性に来たくなった。

f:id:sumichan62:20190921103352j:plain

高さは約80m、裏手までバイクであがることができ、そこから朽ちた石段を40段ほど上がって東屋に到着する。

f:id:sumichan62:20190921103610j:plain

今日も視界は良好、遠軽の街や山並みがすっきりと、とてもきれいだった。

遠軽から国道242号線で、道の駅「オーロラタウンりくべつ」へ向かう。またこの国道が空いていて、対向車はたまに、追いかけてくる車は皆無の状態。快晴の下、マイペースで快適に走ることができた。

f:id:sumichan62:20190921122952j:plain

 正午前、陸別に到着。この道駅は駅舎の跡、構内で電車の運転も体験できる。「トロッコ運転中」とあったので、300円で切符を購入。行ってみたら電動ではなく足で漕ぐものだった。古稀のオジンが一人で漕ぐ姿は、傍目にはどんなに映ったろうか。

f:id:sumichan62:20190921123515j:plain

f:id:sumichan62:20190921123459j:plain

 道駅前の広場には、「なつぞら」のロケに使われた木製のサイロが移築されていて、これが今回の目的だ。これで「なつぞら」の聖地巡礼達成である。 

陸別からも国道242号線を走り足寄に出る。どういうわけかこのときだけは、車がいっぱい。でも制限速度ギリギリで走れるから「渋滞」ではないゾ。

f:id:sumichan62:20190921140051j:plain

f:id:sumichan62:20190921135152j:plain

時刻は13時半を過ぎている。網走で満タンにしてきたが目盛は大分減っている。ガソリンを入れると同時に、胃袋はラーメンで満タンにした。寶龍のチャーシューメン950円、黄色い中太縮れ麺が旨かった。

足寄~帯広間は高速を走り、16時過ぎ、大樹町のとほ宿「旅うたり」にチェックイン。明日はこの付近を見て回り、天満峠越えで新冠のとほ宿に入る予定である。

北海道ツーリング 2019秋(十一日目) 降られました

 

f:id:sumichan62:20190919185955j:plain

f:id:sumichan62:20190920073413j:plain

連日晩飯は豪華だし、朝飯には自家製イクラの醤油漬けが付いている。相部屋だが二食付き5,400円/泊、ワイルドだろ?

f:id:sumichan62:20190920072014j:plain

f:id:sumichan62:20190920071909j:plain

今朝も鶴を観に行くが、残念ながらお留守。代わりに「コトリ」を撮ることができた。気象を見ると晴れているのは、この付近だけ。中秋の名月下弦の月となって青空に浮かんでいた。

f:id:sumichan62:20190920072512j:plain

昨夜はライダーが5人、ツーリングの話しで遅くまで盛り上がった。行こうと思っていた中標津から斜里、網走方面は昼過ぎまで雨の予報が出ている。走りながらコースを考えることにして、9時過ぎ、宿を出発する。

f:id:sumichan62:20190920094307j:plain

f:id:sumichan62:20190920094357j:plain

f:id:sumichan62:20190920094132j:plain

 北上するにつれ雲は多くなっていくが、視程は良好のためとりあえず摩周湖第一展望台へ行く。正面に見えるはずの斜里岳は煙っていたが、姫島はじめ摩周湖の絶景は見せてくれた。

f:id:sumichan62:20190920101547j:plain

f:id:sumichan62:20190920101437j:plain

ツーリング前に見たブラタモリに刺激され、久しぶりに「硫黄山」に来てみた。ヤッパ、迫力あるなあ。硫黄臭を少し嗅いで引き返してきた。

ところどころ青空は見えているがポツポツ降ってきた。ここでもうポツポツ降ってきた。この時点で知床、斜里はあきらめ、屈斜路湖の西へ回って美幌峠経由で網走へ向かうことにした。

f:id:sumichan62:20190920111602j:plain

道の駅「びほろ」に寄り、新しい歩道ができた展望台へ上がってみる。相変わらずの景色だが、曇り空が恨めしい。このあと美幌の市街を抜け、ナビに従って能取湖を目指す。

f:id:sumichan62:20190920125655j:plain

f:id:sumichan62:20190920125024j:plain

f:id:sumichan62:20190920124806j:plain

網走へ来た目的は,能取湖の「日本一のさんご草」。もう少し艶やかと思っていたが、それほどでもない。到着と同時に皮肉にも本格的な雨となってしまった。

時刻はまだ13時過ぎ。雨宿りを兼ねて昼飯でもと思ったが、駐車場付きのファミレスがなかなか見つからない。仕方なくコンビニを探してコーヒーを飲みながら雨宿り。すると向かいのビルに「回転ずし」の看板が、、、。写真も味も忘れてしまったが、少し体が温まり、腹が満たされたのは確かである。

大分早かったが14時過ぎにホテルにチェックイン。

明日は道内全域好天が見込まれている。サロマ湖から遠軽町陸別~帯広を経由して大樹町に宿をとった。22日は新冠町のとほ宿を予約、台風の影響で雨となれば23日も連泊する予定である。

北海道ツーリング 2019秋(十日目) 晴天なれど風強し

 

f:id:sumichan62:20190918190722j:plain

f:id:sumichan62:20190919073659j:plain

泊ったとほ宿、広い3人部屋に留萌のライダーと相部屋だったが、水洗ウォシュレットだし室内もきれいだしメシは旨いし、なかなかのものだった。

f:id:sumichan62:20190919071625j:plain

f:id:sumichan62:20190919071907j:plain

f:id:sumichan62:20190919072451j:plain昨日来ていた鶴一家、今朝もいるかなと見に行くと、ちゃんと食事の真っ最中。キツネに代わってトンビが悪さをしていたが、お父さんがしっかりガードしていた。今日は飛ぶ姿も撮れたゾ。

9時半、宿を出発。晴天の下、先ず向かったのは釧路湿原の「細岡展望台」だ。

f:id:sumichan62:20190919101725j:plain

f:id:sumichan62:20190919102422j:plain

f:id:sumichan62:20190919102450j:plain晴天の時を狙って、ここに来るのは3回目。向かって左の高い山が雌阿寒岳、右が雄阿寒岳だ。今日も素晴らしい景色を見せてくれた。ただし、展望台手前1㎞の未舗装路は相変わらずだった。

f:id:sumichan62:20190919112731j:plain

国道44号線に出て厚岸へ向かう。昨秋のこころ旅で、地震の日に火野さんがコメントしていた「あっけし望洋台」に寄る。この前の国道は何回も走っているが、いつも素通りしていた。確かこの日は、予定を変更して昔の「蔵出し」を放送したんだったよな。

f:id:sumichan62:20190919115346j:plain 11時半過ぎ、厚岸到着。厚岸大橋を渡り、この前食べた「厚岸海産」で「カキ丼大盛(1,230円)」を食べる。味付けは親子丼と一緒、でもプリプリのカキがゴロゴロ入っていた。

f:id:sumichan62:20190919130300j:plain

12時半、道の駅「コンキリエ」で予約していた別寒辺牛カヌーツアーの手続きをする。30代前半の若いガイドさんと一緒の3時間コースで一万五千円はチト高いが仕方ない。問題は南西方向からの強風で、川を下り切りゴールの水鳥観察館手前3㎞が向かい風となるらしい。

f:id:sumichan62:20190919133659j:plain

f:id:sumichan62:20190919141138j:plain

 車で20分ほど移動し、ゴールから9㎞ほど上流からスタートする。流れはあるかないか、わからぬほど。この辺は風の影響はなく、ノンビリ漕ぎだした。

f:id:sumichan62:20190919141737j:plain

f:id:sumichan62:20190919141717j:plain

f:id:sumichan62:20190919141703j:plain

今日のねらいは、鶴とオジロワシ。でも見えるのはカモばかりだ。二度ほど現れたヤマセミもデジカメに納めるまでには至らず。

f:id:sumichan62:20190919144203j:plain

 約6㎞下ったところで休憩。出発前、風が強くなった場合はここで中断もあると言われていたのだが、何とか続航することに。折角だからここで記念の一枚。誰だ? ライフジャケットが小さそうと冷やかすのは、、、

f:id:sumichan62:20190920192348j:plain

f:id:sumichan62:20190919150100j:plain

 ゴール近くは汽水域で、当然上げ潮のときには川の流れも逆となる。ラスト2㎞はこの潮と向かい風が重なり、きついのなんの。私もガイドさん同様必死に漕いで

15時半過ぎ、ようやくゴールの水鳥観察館にたどり着いた。最後に写真のライセンス証を貰って終了となった。正直、葦原ばかりで景色もあまりよくなく、風のせいもあるのだろうが「カモン・ベイビー」以外は見えず、漕ぎすぎて腕はパンパンに張るし、これで1万5千円? ちと高いゾ


f:id:sumichan62:20190919165314j:plain

連泊の宿に着いたのは17時近く、日は大きく傾いていた。鶴一家は? ちゃんと三羽揃って何かをついばんでいました。

明日は摩周湖中標津知床峠を走るつもりで、網走のホテルに宿をとった。

北海道ツーリング 2019秋(九日目) 丹頂鶴一家

 

f:id:sumichan62:20190918083059j:plain

昨夜の晩飯は、ホタテの刺身、客が釣ってきたニジマスイワナのアイの子の塩焼きがメイン。これに乾き物が加わり、日本酒、ビール、骨酒、焼酎が入ってシンデレラタイムまでエンドレス。今朝の朝食は8時過ぎ、それでもしっかりオカズを作って戴いた。

今日はドンヨリ本曇り。日中はもちそうだが、夜に入って雨が降るかもしれないとの予報だ。9時半過ぎ、宿を出発する。

f:id:sumichan62:20190918095737j:plain

f:id:sumichan62:20190918095852j:plain

 道道などで葉室のICへ向かうが、途中「ザ・ホッカイドウ」的風景があちこちで眺められ、走っていて気分がいい。葉室~本別は高速を使い、本別から道道56号で浦幌駅へ向かう。

f:id:sumichan62:20190918120142j:plain

f:id:sumichan62:20190918115336j:plain

f:id:sumichan62:20190918120026j:plain

 お目当ては、16年7月「こころ旅」の食事処「かし和家」の豚丼(860円)。色紙もきちんと飾られていた。

f:id:sumichan62:20190918130216j:plain

f:id:sumichan62:20190918140640j:plain

浦幌からは国道38号線で釧路へ向かう。ここは何年か前ネズミ捕りに引っ掛かったところ。先頭に立たないように、慎重に走る。案の定、途中一台が覆面につかまっていた。道の駅「しらぬか」、釧路駅前の「和商市場」で見学がてら休憩。


f:id:sumichan62:20190918152957j:plain

塘路湖などで時間をつぶし、15時半に今晩の宿である標茶のとほ宿「木里」に到着。しかし呼び鈴押しても応答がなく、16時まで国道を挟んだ湿原を眺めに行く。ところが、、、

f:id:sumichan62:20190918154244j:plain

f:id:sumichan62:20190918154139j:plain

f:id:sumichan62:20190918154028j:plain

 借り入れの終わった畑に何やら白い大きなものが、なんと丹頂鶴が見えるではないか。向かって左が一回り大きなお父さん、右に大きさは変わらないが、模様がまだらな今年生まれた(?)幼鳥とぴったり付き添うお母さんだろう。双眼鏡とデジカメを交互に、しばしじっくり観察する。

f:id:sumichan62:20190918155320j:plain

f:id:sumichan62:20190918155814j:plain

しばらくすると、うしろの草むらから何か出てきた。オー・マイ・ガー、これは間違いなくキタギツネだ。これは歴史的一瞬が撮れるカモと、デジカメを持つ手が震える(ウソ)。

f:id:sumichan62:20190918155849j:plain

一番近づいたのがこの写真。ツルは威嚇するでもなく、悠然と土に口ばしを差し込んでいる。そのうちキツネも遠ざかっていった。スクープとはいかなかったが、私にとっては中身の濃い時間だった。

明日はここから一時間くらいのなったため別寒辺牛湿原でカヌーに乗る。残念ながら13~16時のツアーとなったため、この宿に連泊する予定だ。

 

北海道ツーリング 2019秋(八日目) 聖地巡礼


f:id:sumichan62:20190918170652j:plain

昨日の晩飯は、出かけたときにコンビニで買ってきて部屋で食べたため、写真は今朝の朝食のみ。毎回常宿としている帯広駅前のビジネスホテル、朝飯サービスで一泊3,900円ながらコメはユメピリカ、食材は有機野菜とかで結構充実しているから好きだ。8時半、ホテル出発。

f:id:sumichan62:20190917084553j:plain

f:id:sumichan62:20190917084614j:plain

 ホテルから5分ほどで、「真鍋庭園」の有料ゲートそばに建てられた「天陽のアトリエ」のセットに到着。中は、天陽の死後なつが訪れ会話したシーンとおんなじだ。

f:id:sumichan62:20190917084536j:plain

なつの娘から「本物」と言わしめた絵も迫力がある。

f:id:sumichan62:20190917084638j:plain

f:id:sumichan62:20190917084630j:plain

 映画「ゴースト」を思わせたあのシーン、一人感動(?)しながら誰に遠慮することもなくじっくり拝ませてもらった。

f:id:sumichan62:20190917100155j:plain

f:id:sumichan62:20190917101106j:plain

f:id:sumichan62:20190917101005j:plain

f:id:sumichan62:20190917100747j:plain

 今日は時間に余裕があるので、ライダーの聖地「ナイタイ高原牧場」へ行く。数年前に大風でログハウスが壊れ、その後プレハブで営業していたレストランも6月新規オープン。館内からも大きく広がったガラス越に、絶景が一望できる。

f:id:sumichan62:20190917115715j:plain

f:id:sumichan62:20190917115221j:plain

f:id:sumichan62:20190917115628j:plain

 新得駅から少し奥へ入ったところに、「やまだ牧場の入口」がある。

f:id:sumichan62:20190917115506j:plain

いろんなシーンに想いをめぐらし、誰もいないことを良いことにセルフで主人公気分に浸る。時刻はもう昼近く。新得と言えば「そばの館」が有名なので、ここで昼飯にする。

f:id:sumichan62:20190917124314j:plain

f:id:sumichan62:20190917123016j:plain

豚丼も食べたかったので、せいろセット1,160円を食べる。まだ新そばではないということだが、しっかりしたコシで旨かった。

一旦狩勝峠の方へ向かい「サホロリゾート」の「ベアマウンテン」に行く。入場料1,620円、遊歩道500mほど歩くのは良いが、肝心のヒグマさんが見えない。結局姿を見たのは、水浴び中の一頭に木陰で昼寝してる三頭、計四頭のみ。動物園ならほかのも見れて、これより安いゾ。ヒグマを出せ、金返せ~、、、

f:id:sumichan62:20190917135914j:plain

f:id:sumichan62:20190917140146j:plain

 再び新得へ戻り、牧場内に建てられた家のセットとロケに使われた牛舎を見学。使ってない牛舎に牛を持ち込み、乳しぼりほかの場面が撮影されたとか。 

f:id:sumichan62:20190917140205j:plain
f:id:sumichan62:20190917140216j:plain
f:id:sumichan62:20190917140222j:plain
f:id:sumichan62:20190917140232j:plain
f:id:sumichan62:20190917140237j:plain
f:id:sumichan62:20190917140303j:plain


f:id:sumichan62:20190917140430j:plain

牛舎の壁には撮影風景の写真が飾られ、入り口に出演者のサインがあった。

今回行ったところは、番組が進行中のためか、看板が小さく結構見つけずらかった。しかしロケ地は町のオタカラ、いずれ大々的に宣伝され観光客が押し寄せることだろう。

15時、とほ宿「ドラム館」にチェックイン。16時半、ご主人兄弟、今晩の客と近くの温泉へ行った後19時過ぎから食事、引き続いて宴会が始まる。この話は、また別途報告する。

北海道ツーリング 2019秋(七日目) 降りそうで、、、

f:id:sumichan62:20190915183903j:plain

f:id:sumichan62:20190916202710j:plain

トレッキング、ライダーとかなりの客が停まっていたが、料理はいたって家庭的で旨かった。

部屋は8畳で、山登り二人組、柏のライダーと同部屋。でも、早出した山登り組の一人のイビキが凄く、残されたライダー二人で大ブーイング。今日は午後から雨の予報。どう行動するか迷ったが、「なつぞら聖地巡礼」のため十勝に留まることを決め、帯広駅前に宿をとる。

空は今にも降りそうな曇天だ。9時半過ぎ、宿を出発。途中の道駅「しほろ21」「おとふけ」でなつぞらロケ地の情報を調べるがない。11時過ぎに帯広駅前に到着、先ずは腹ごしらえだ。

f:id:sumichan62:20190916115717j:plain

 帯広と言えば「豚丼」、でも駅前の元祖「ぱんちょう」はもう長蛇の列だ。ネットで調べ、400mほど離れた「はなとかち」という店へいく。

f:id:sumichan62:20190916115332j:plain

f:id:sumichan62:20190916114723j:plain

ロースとバラの「半なり豚丼(並=920円)」を食べる。肉がやや小さめではあるが、それがまた食べやすく、旨かった。ホテルはすぐそば、バイクと荷物を置かせてもらい再び情報収集へ。

f:id:sumichan62:20190916121453j:plain

f:id:sumichan62:20190916135751j:plain

f:id:sumichan62:20190916140018j:plain

 帯広駅はスピッツの主題歌が常時流れ、駅中の「物産館」も特集を組んでいて、「なつぞら」一色だ。

f:id:sumichan62:20190916140054j:plain

そしてポスターの下に張った一枚の紙を見つけた。配布したらいいのにと思うが、まだ番組は進行中。いろいろ支障があるんだろうな。

天気は15時頃パラパラときたが強くならず、結局は降らず仕舞い。まあ、しょうがないか。明日はズバリ晴れ。新得町のとほ宿を予約したので、ジックリ「聖地巡礼」を全うするつもりである。

北海道ツーリング 2019秋(六日目) 武四郎カード、ゲット

 

f:id:sumichan62:20190916064947j:plain

f:id:sumichan62:20190915073802j:plain

昨日の晩飯は、この宿恒例の「ジンギスカン」。一応食べ放題となっているが、火力がイマイチの上、厚切り冷凍肉のために焼けるのが遅く、時間的に無理?かな。

f:id:sumichan62:20190915071552j:plain

f:id:sumichan62:20190915081812j:plain今日は晴天、道内で晴れているのはここだけのようだ。朝飯中には窓からシマリスも見られた。08時過ぎ、みんなで記念写真を撮って出発。左から三人目の女性は、新発田からのお客さんだった。

f:id:sumichan62:20190916070902j:plain

今日の目的は「武四郎カード」のゲットである。前回来た時に、偶然このポスターを見つけ、道駅「びふか」で一枚だけゲットし、次回は残りをもらおうと思っていた。道内では11種類。13日に幌加内音威子府、中川、天塩、そして豊富をゲット。そして今日は残り5枚を是非とも手に入れるべく走り出す。雨上がりで若干道は濡れてはいたが、快調な走りだ。名寄駅前の「よろーな」で先ず一枚目、東に走って下川町のコモレビで二枚目をもらい士別市に向かう。

12時前士別に到着。ここで「こころ旅」に切り替え、先の7月16日放送の「士別神社」を目指すが探しきれず断念。

f:id:sumichan62:20190915115848j:plain

f:id:sumichan62:20190915120747j:plain

 この日の食事処「先斗町」へ。60代(?)のご夫婦で切り盛りしてるようだ。火野さんと同じメニュー「豚丼(680円)」を食べる。帯広と異なり「厚切り豚バラ野菜炒めノッケ丼」という感じだった。

f:id:sumichan62:20190915121803j:plain

f:id:sumichan62:20190915120609j:plain

店内には火野さんのサインと手拭が飾られていた。このあと今日三枚目のカードがある「士別博物館」へ。士別からは剣淵町「絵本の館」、和寒町役場と回り、本日の目標達成だ。

f:id:sumichan62:20190915142632j:plain

f:id:sumichan62:20190915141519j:plain

今晩の宿「東大雪ぬかびらユースホステル」へ向かうが、途中「銀河・流星の滝」で休憩。御覧の通り、モミジはまだ青々している。

f:id:sumichan62:20190915145851j:plain

三国峠からの眺めも紅葉とは無関係。道内のライダーと話をすると、旭岳で今月外陣から10月初め、このへんは10月10日前後から見頃となるらしい。

f:id:sumichan62:20190913195129j:plain

f:id:sumichan62:20190915180850j:plain

16時半、宿にチェックイン。早速宿自慢の源泉かけ流しの温泉で一風呂浴びる。

これがゲットした武四郎カード10枚。今ツーリング最大の成果(?)になるだろう、、、