球磨川がヤバい

朝はまだ雨が残っている。日中は止む時間が長かったが、それでも時折強い雨が降った。気温も低めでワタシ的にはグッドだが、世間的には梅雨寒だったかもしれない。

集中豪雨でいま熊本・球磨川流域が大変なことになっている。ここ両日で「50年に一度」という表現から「百年に一度」と言われるくらいの降りになったらしい。被害が出ている付近は、この冬検討しGW明けのロングツーリングで走ろうとしていたところだけに胸が痛い。熊本市から宇城市の石橋を経由し百寺巡礼の人吉市本願寺人吉別院」を巡り、球磨村一勝地の乗り場から球磨川下りを楽しみ、球磨川下流にあたる海沿いの芦北町に出る計画だった。

センターに勤めていた頃、梅雨どきだったと思うが出張で枕崎滞在中に50㎜を越す集中豪雨にあったことがある。向こうの雨は一粒が盃一杯くらいあるのではないかと思うほど大粒で、バケツどころか風呂桶をひっくり返したような降りだった。市街でも低いところはあっと言う間に冠水したが、幸いそう長くは続かなかったので事なきを得た。その日の夕方だったか翌日だったか、水位が上がり泥色のものすごい勢いで流れる川の恐ろしさが忘れられない。

今年の梅雨は集中豪雨の被害が無くて済むのかなと思っていたら、とんでもないことになった。今のところ県内は問題ないようで、雪が少なかった分もっと降ってくれと思っている農家が多いかもしれない。

被害の出たところの一日も早い復興を願うばかりだ。

ふるさと村は花だらけ

f:id:sumichan62:20200703065301j:plain

f:id:sumichan62:20200629070040j:plain

一昨日から再開したジム、二日連続で頑張ったら筋肉痛でアチコチ痛いのナンノ。今日は休むことにしたが、でも脚は動く。ならばと朝の散歩に出かけた。今朝は帝石橋から関谷分水を廻るコース。今にも降り出しそうな天気だが、分水のトイメンにはいつものジッチャマが釣り糸を垂れていた。

f:id:sumichan62:20200703110314j:plain

午前中、道の駅「ふるさと村」に行ってみる。着実に客足は伸びているようだが肝心の観光バスは皆無、でもソコソコの賑わいだ。買い物は早々に済ませ向かったのは信濃川土手沿いにある公園だ。赤・黄・オレンジ・青・紫・白 etc. まるで草花の宝石箱や~、、、

f:id:sumichan62:20200703110616j:plain

f:id:sumichan62:20200703110651j:plain

f:id:sumichan62:20200703110728j:plain

f:id:sumichan62:20200703110817j:plain

f:id:sumichan62:20200703110535j:plain

f:id:sumichan62:20200703111021j:plain

f:id:sumichan62:20200703111103j:plain

f:id:sumichan62:20200703111115j:plain

f:id:sumichan62:20200703111214j:plain

f:id:sumichan62:20200703111227j:plain

こんな景色をみていると、北海道の上野ファームを始めとするガーデン街道を思い出す。 

f:id:sumichan62:20200703112631j:plain

11時を回り、道の駅の隣の「大福屋」で唐揚げ7Pの「メガ盛定食」を食べる。ここはご飯がウリで旨く、メガ盛はご飯も大盛なのだがさすがに普通にしてもらった。二日間頑張ってジムで流した汗も、この一食でご破算になりそうだ。

今日の最高気温は25℃止まりで過ごしやすかったが、この先もずっと傘マークが並んでいて梅雨のうっとおしい感じは否めない。でも梅雨が明ければ暑い、アツイ夏がやってくるのも困りもんだ。そんな我儘な気持ちで明日も空を見上げることだろう、、、

後半戦突入

今朝6時過ぎから猛烈な雨となったが、その後は降ったり止んだり。日中には陽の射す時間があったものの14時過ぎから今度は雷を伴った強い雨が降り出し、暗くなってからも続いている。

今日から7月、今年も早や半年が過ぎ後半戦に突入だ。いつもの年なら何だかんだと理由をつけツーリングやら旅行やらで歩いていたのに、新型コロナの影響で我慢ガマンを強いられほとんど巣ごもりの毎日で、何かとストレスの溜まる前半戦だった。

コロナ禍が収まるまでと2か月間休講していたジムも今日から再開した。以前よりコロナ対策が進み、チェックインの際に画面をにらんでの体温測定と数項目にわたる体調チェック用紙にサイン入りで記入する。トレーニングルームはスタッフも含め利用者もマスク着用が義務付けられた。さらに通路に面したランニング・ウォーキングマシンには天井から透明シートが吊り下げられている。

エネオスゴリラハンカチの手製布マスクを着け早速トレーニング開始したが、マスクは息遣いの激しさと汗ですぐにグショグショになった。使い捨てのマスクだったらすぐに濡れ紙となって鼻・口に張り付き、窒息状態になったかもしれない。驚いたのはプールでのこと。いつも見る水中ウォーキング専門のオバチャマが、ナント、プールの中でもマスクを付けてるではないか。周りを見たら見張り役のスタッフ以外、利用者でマスクの人はいなかった。

換気のため、トレーニングルームの窓は開けっぱなし。ということは冷房は効かせないのだろうか。今月やってみて、キツイようなら8月からまた休講するかな、、、

えッ~、ワタシが?

今にも降りそうな天気だったが何とか昼まで持ちこたえていたものの、午後は降ったり止んだりとなった。

昨夜、住んでるマンションの新年度管理組合の当番が集まり、役職を決める会議があった。当番は輪番制で6名が選ばれ、役職は理事長、副理事長、自治班長、監事が各1名に一般理事2名だ。前回の当番は7年前? クジ引きによる役職は班長だった。マンション内で特にイベントをするわけでもなく、建物の補修積立金の管理や老朽施設の交換等の承認が主な業務で、日中管理人が常駐しているし、その他のことは当マンションを担当する建設会社の若手社員がやってくれるので難しいことはない。

役職を希望する人は勿論なく今回もクジ引きで決めることになったが、私が引いたのは残り2本のうちの1本。どうでもいいやと思って右手で右側を引いたらナントこれが大当たり、見事「理事長」を引いてしまった。あとの1本はタダの「理事」だっただけに、自分のクジ運の無さを思い知らされた。任期は7月1日から。理事長は月1回管理組合からの報告事項を聞き、年3回ほどある理事会の議事進行、等があるそうだ。集まった6人のうち、どう見ても年金生活者でヒマそうな人間は私だけだったから致し方ないかもしれない。まあ、せいぜい頑張りましょう。

昨日ロケ再開の報があった「こころ旅」、今日になって気がかりなことが一つ。この番組の楽しみは思いがけない風景が映し出されることにあるが、もう一つ美味しそうな食事処が出てくるところである。昔は店名を意識的に隠していて「さすがNHK」とおもっていたが、最近はそうでもなく特定が楽になったと喜んでいた。コロナ禍の中で昼飯はどうするのだろう。遠足よろしく弁当なのか、テラス席のある処を選ぶのか、時間外でガラガラの処にするのか、、、何とか三密を避けて今まで通りの食事処が出てくることを望んでいる。

ヤッタ~、「こころ旅」再開

起き掛けは小雨がパラつくような天候だったが、日中は雲も薄くなり時折陽射しもある梅雨中にしては凌ぎやすい日和となった。

「たいせつなお知らせ」の予告があった今朝の「こころ旅」、意に反してロケを再開し春の旅を続けるというものだった。まだロケ前らしく今後の放送日程などは明らかにしなかったが消化したのはまだ三県、残りは神奈川~千葉~茨城~福島~宮城~岩手、それに二週に渡る北海道と八週もある。今週は2014年春「秋田県」の再放送が決まっているから、仮に来週から放送再開としても8月最終週までかかることになる。そうするのか、興味あるところだ。

新型コロナ対策としては、火野さんたち自転車部隊はフェースマスクを着用し、バスや電車など公共交通機関による「輪行」はしないという。さらにキツイ上り坂などの救世主「軽トラ調達」は無くなるというから火野さんとしては厳しい旅となりそうだ。放送の中で火野さんが「放送千回が一つの目標」と言っていた。今年の静岡を終えた時点で915回だから、順調にいけば今秋か来春の旅で達成される見込みという。少なくとも火野さんの目標達成まで、そして彼の体力ある続く限りこの番組が続いてくれることを願うばかりである。

さあ火野さんと同い年の私も負けてはいられないゾ。早速秋のツーリング計画を立ててみようかな、、、

久々の「白山公園」

今日も曇り空ながら雨の心配はない。ちょっと早起きして5時半、朝の散歩に出かけた。いつものようにマンションから県庁脇を抜け信濃川の土手に出る。

f:id:sumichan62:20200627061239j:plain

千歳大橋の下をくぐり川下方面へ歩く。もうすぐ昭和大橋というところで新潟方面からの一番電車が鉄橋を渡っていった。

f:id:sumichan62:20200624060210j:plain

f:id:sumichan62:20200624062551j:plain

 昭和大橋を渡る。白山側の橋下には新潟地震(1964年6月)で橋脚から落ちた写真が出ている。

f:id:sumichan62:20200627062316j:plain

f:id:sumichan62:20200627062234j:plain

f:id:sumichan62:20200627061925j:plain

渡ってすぐの母校である「白山小学校」、通ってたときの私の学年は9クラス四百余名のマンモス学年だったが、今は全校でもこの半分いるのかどうか。小学校の斜め向かいに「憲政記念館」がある。昔の県会議事堂だがガキの頃は荒れ放題でお化け屋敷同然、字は知らないがなぜか「セワカ」と呼ばれていた。

f:id:sumichan62:20200627062416j:plain

f:id:sumichan62:20200627062526j:plain

f:id:sumichan62:20200627062603j:plain

f:id:sumichan62:20200627062715j:plain

 記念館の脇から白山公園へ入ると「明和義人顕彰之碑」「坪井子敬碑」「鏡淵意伯翁碑」「竹内式部碑」など多くの石碑が並んでいる。昔は藪の中にあって近くにいてもちっとも気付かなかったが、今周囲はきれいに整備されている。

f:id:sumichan62:20200627062834j:plain

f:id:sumichan62:20200627062851j:plain

f:id:sumichan62:20200627063118j:plain

f:id:sumichan62:20200627063201j:plain

 白山神社の参道を歩く。古町口の赤い鳥居も大きくなり、新しく中門(?)もできたし社務所もりっぱになった。よっぽど儲かっているのだろうか?

f:id:sumichan62:20200627062947j:plain

f:id:sumichan62:20200627063440j:plain

f:id:sumichan62:20200627063012j:plain

園内にある「はす池」、中央にあるのは「ラジオ塔」だ。今ところどころに見えている「蓮の花」がきれいである。「あぶさん」が里帰りすると、必ずこの池の場面が登場する。

f:id:sumichan62:20200627064637j:plain

f:id:sumichan62:20200627064419j:plain

白山公園から文化施設が並ぶ空中庭園を抜け、陸上競技場へ。中3のトシ、新潟地震の前にあった新潟国体にはブラスバンド員として開会式には昭和天皇の、閉会式には平成天皇の生のお姿とお声を聴いたことが懐かしい。

今日の朝散は11,193歩とまあまあの歩きだった。次回は万代橋まで伸ばしてみるかな、、、

「こころ旅」が、、、

昨夜から今朝方にかけてかなり雨が降ったようで、起きたときもまだ雨が残っていた。日中は止んでいたものの、梅雨どきらしい鬱陶しい天気となった。

3月下旬から始まった2020春の「こころ旅」、三重~愛知~静岡を廻った時点で新型コロナの影響を受けロケが中断。それ以後は2014年春の旅を再放送中だ。この年は、愛知をスタートして岐阜~滋賀~京都を経て福井に入りその後日本海側沿いを北上して北海道に至るコースだ。

f:id:sumichan62:20200626213447j:plain

f:id:sumichan62:20200626213637j:plain

6月に入って二週にわたり新潟県を走ってくれたが、その最終日、目的地の「万代橋」へいく途中の風景がこの写真。当時は気が付かなかったが、どっかで見たような風景だ。そうだ、ここは帝石橋から関屋分水に至る信濃川の土手で私の朝の散歩コースだ。

f:id:sumichan62:20200626214006j:plain

f:id:sumichan62:20200626214543j:plain

そして今週は山形県のたびだったのだが、今日の放送の中に気になる場面が、、、。

番組の終わりに来週は「秋田県」と出ている。あ~まだロケが再開されてないんだと軽く見てたら、下の方に「来週29日の朝に大切な放送があります」と書いてあるではないか。「こころ旅」のホームページを確認したが同様のお知らせが、、、。

今春の予定は、神奈川、千葉、茨城お経て太平洋岸を北上し最終の北海道までだ。懸念されてるコロナ禍だが、首都圏と北海道で未だ収まったとは言えず第二波の流行も心配されている。「お知らせ」は多分今春の放送の打ち切りなのではなかろうか。

29日(月曜)の朝に注目している、、、