ロングツーリング 2019春(十日目) 走ったド~

昨日の午後から広がった青空、今日もずっと続いてくれた。f:id:sumichan62:20190522210332j:plain

7時半か朝飯。う~ん、なかなか豪華である。バイキングも良いが、ちょこちょこと品数豊富なこれもいいもんだ。コーヒーも戴き「なつぞら」を見終わって、8時半、ホテルを出発する。

f:id:sumichan62:20190522110613j:plain

f:id:sumichan62:20190522111442j:plain

向かうは南端の大島。トンネルばっかりの紀勢自動車道(白浜~すさみ南間は無料)はあるが、天気も良いので国道42号線を海岸を観ながら走る。1時間半で島の東端「樫野崎」に到着。明治23年トルコ軍艦がこの沖で遭難し、住民が救助に参加したが多くの軍人が犠牲になった。伸びるアイスクリームや絨毯を売る店など、ここにはプチトルコがある。

f:id:sumichan62:20190522110923j:plain

f:id:sumichan62:20190522111202j:plain

f:id:sumichan62:20190522111852j:plain

先端は「樫野埼燈台」。ここから望む荒々しい海岸線が美しい。西ある潮岬はカットし、余裕で行けそうなので西国一番札所「青岸渡寺」へ向かう。

f:id:sumichan62:20190522132822j:plain

f:id:sumichan62:20190522130403j:plain一番上の社務所の駐車場まで行けたので、30段ほどの石段を上がって「熊野那智大社」へ。朱色が一段とあでやかになった感じだ。すぐ隣が「青岸渡寺」。折角「一番」の御朱印なのに、アンちゃんが書いたのが下手くそで全然有難さがない。戻すわけにもいかないし、困ったものだ。

f:id:sumichan62:20190522132133j:plain

 ここからは、三重塔と那智の大滝インスタ映えする景色である。それにしてもニーハオばかりでなく、アジア系Youが多いこと。

f:id:sumichan62:20190522140731j:plain

f:id:sumichan62:20190522140559j:plain

那智大社から42号線に出るところに「補陀落山寺」がある。ここから補陀落たる観音浄土を目指し、このような小舟で渡海したという。

f:id:sumichan62:20190522142658j:plain

f:id:sumichan62:20190522144014j:plain

那智勝浦の漁港のそばにある「桂城」に寄り、昼飯に「マグロ定食」1,600円を食べる。ここは何回もTVに取り上げられている店で、ニーハオ6人くらいが食べ終わって出てくるところだった。刺身のほか、フレーク、カツ、俸禄焼、サービスに唐揚げも出してくれた。勿論、汁椀もアラ汁である。

f:id:sumichan62:20190522150229j:plain

f:id:sumichan62:20190522150124j:plain

太地町の少し南の、日本一短い二級河川ぶつぶつ川」に寄る。今回どうしても見たいと思ってたところだ。湧き水がでてる「水源地」から河口まで「13.5m」、「上流はやさい、下流でさかな」と用途が掲げられている。湧き水は冷たく旨かった。

f:id:sumichan62:20190522152809j:plain

f:id:sumichan62:20190522152931j:plain

f:id:sumichan62:20190522152947j:plain

 串本町へ寄らずに県道227号線で内陸へ。「高池の虫喰い岩」。風化だけで開いた穴だそうな。じっと見ていると、ナンカ気持ち悪くなってきた。

f:id:sumichan62:20190522161007j:plain

f:id:sumichan62:20190522160852j:plain

 最後に371号線沿いにある「古座川の一枚岩」へ。川の向こうに「エアズロック」の小型のような岩がドンと鎮座していてなかなかの迫力だった。

帰りは高速を走り、16時半、ホテルに帰還する。明日は中辺路で山越えして新宮に出て

その後北上。志摩で泊の予定である。